ストリートチルドレンの追い払い方

ストリートチルドレンの追い払い方

 

前のページでは、2か所に金を分けて歩くようにお伝えしましたが、イカニモ!なストリートチルドレンが近づいて来そうだな、と思った時は、小銭入れからコインをわしづかみ、若干遠くの方へバラまきましょう。

※周囲に一般の人がいないか十分注意し、スマートに銭をバラまきましょう。

 

ピーナを連れ出しタクシーに乗り込もうという際にもっとも鉢合わせる機会が多いのですが、基本的にはMoney talksです。I don’t have money!とか言ってもウソこけ!って感じですし、そもそも英語伝わらないです。

どうしてもという場合は、Wala,  Wala ko kwarta,

 

ワラ

ワラ コ クワルタ

 

これで帰ってくれる時もあります。

 

 

飴ちゃんは?

 

子供だましですね。

ほとんど見向きもしませんし、お金を稼ぐ事が彼らの使命なので、小銭が最優先です。

 

 

口から出す変な音

 

コレちょっと説明するの難しいんですが、セブの人たちは犬やらがゴミをあさってたりすると、口からスーーーーーーーッと長めの音を出して「あっちいけ」とやることが多いです。

不思議と犬の方もたったそれだけでその場を離れたりします。

 

 

ストリートチルドレン≒わんこ

 

子供にも人権はあります。犬扱いはさすがにアレですが、ストリートチルドレンが近づいてきそうだな、と思ったら、同じように口からアノ音を出してみましょう。

 

 

どうやって習得しますん

 

現地へ行ってマネしてみてください。

別に難しいことじゃないです。

コツも一切いらないと思います。

 

イメージ的には、AV男優の重鎮、加藤鷹がスーハーする感じの歯から抜ける音です。

 

コレやると現地の人も、あ、あいつ素人じゃないな、とちょっとだけ見る目が変わったりします。

 

 

 

質問などはすべてYouTube動画内で宜しくお願いします。